法華経世界への誘ひ




相澤 宏明 著


四六並製  344頁

定価:2800円+税

令和2年3月31日発行


ISBN978-4-88656-499-3
C0015

誰もが一度は聞いたことがある「法華経」。
本書は難解な法華経の大まかな内容を把握し、思想としての法華経理解に導くとともに、国家・社会との接点を抉り出す。

【目次】
第一部 法華経に至るまで
 第一章 インド産の法華経
 第二章 鳩摩羅什訳の妙法華経
 第三章 法華経を開く無量義経

第二部 法華経本文の世界
 第一章 序品第一
 第二章 方便品第二
 第三章 譬喩品第三
 第四章 信解品第四 薬草諭品第五 授記品第六
 第五章 化城諭品第七
 第六章 五百弟子授記品第八 授学無学人記品第九
 第七章 法師品第十
 第八章 見宝塔品第十一
 第九章 提婆達多品第十二
 第十章 勧持品第十三
 第十一章 安楽行品第十四
 第十二章 従地涌出品第十五
 第十三章 如来寿量品第十六
 第十四章 分別功徳品第十七
 第十五章 随喜功徳品第十八
 第十六章 法師功徳品第十九
 第十七章 常不軽菩薩品第二十
 第十八章 如来神力品第二十一
 第十九章 嘱品第二十二
 第二十章 薬王菩薩本事品第二十三
 第二十一章 妙音菩薩品第二十四
 第二十二章 観世音菩薩普門品第二十五
 第二十二章 観世音菩薩普門品第二十五
 第二十三章 陀羅尼品第二十六
 第二十四章 妙荘厳王本事品第二十七
 第二十五章 普賢菩薩本事品第二十八

第三部 法華経の特色
 第一章 後霊山会六品の再考察
 第二章 付嘱に関連する仏滅後の時代表現
 第三章 仏滅年代と五箇五百歳説
 第四章 仏滅後の歴史展開を裏づける思想
 第五章 法華経の現代的諸問題

第四部 法華経和歌百首

【著者略歴】
相澤宏明(あいざわ ひろあき)
昭和22年大阪生まれ。同38年私立上宮高校中退、鎌倉の私塾師子王學塾にて日蓮主義、日本国体学を学ぶ。同57年挙W転社設立代表取締役。平成17年鞄W転社取締役会長。
現在、NPO法人昭和の日ネットワーク副理事長、明治の日推進協議会事務局長、里見日本文化学研究所評議員、日蓮教学研究会同人代表を務める。
著書に『日本の建国覚書』(暁書房)、『行動の日蓮学』(暁書房)、『世界から見た大東亜戦争』(展転社・共著)、『戦後の田中智学論を糾す』(展転社・共著)、『日蓮聖人略伝』(展転社)『国体学への誘ひ』(展転社)『日蓮王法思想への誘ひ』(展転社)がある。