一次史料が明かす南京事件の真実

アメリカ宣教師史観の呪縛を解く


池田悠 著


四六並製  160頁

定価:1200円+税

令和2年1月21日発行


ISBN978-4-88656-496-2
C0021

「南京事件」論争に終止符を打て!
安全区・国際委員会を設立したのはアメリカ宣教師団であり、その目的は中国軍の支援保護であった。 一次史料を基に、アメリカ宣教師団の意図、行動、背景を明らかにする。

【目次】
第一部 南京事件の研究
 第一章 南京事件の発信源の特定―アメリカ宣教師団
  1.南京事件の舞台
  2.南京にいた第三者(=欧米人)の特定
  3.南京事件の発信源の特定

 第二章 南京安全区・国際委員会の研究
  1.国際委員会とは何か
  2.安全区とは何か
  3.南京安全区・国際委員会設立の真の目的

 第三章 南京で起こったこと
  1.安全区における中国軍支援実態
  2.アメリカ宣教師団が南京事件を発信した理由
  3.中国側のアメリカ宣教師団への協力と隠蔽
  4.宗教団体による布教活動≠ェ意味するもの

 第四章 南京事件対外宣伝の構図
  1.対外宣伝におけるアメリカ宣教師団と中国側の協力関係
  2.中国側の対外宣伝方針

 第五章 東京裁判
  1.アメリカ宣教師史観の虚構
  2.偽造文書の存在
  3.埋葬問題・人口問題

第二部 南京事件創作の背景
  1.在中国プロテスタント教会の行動指針
  2.プロテスタント教会が政治に踏み込んだ理由
  3.全国基督教連盟の?介石支持決議が与えた影響
  4.南京事件―時系列整理

第三部 「南京事件」の教訓
  1.情報発信について―文書化の必要性
  2.日本側に見えていないもの―宣教師という存在

【著者略歴】
池田 悠(いけだ はるか)
昭和54年生まれ。東京大学経済学部卒。
通信技術系ベンチャー企業役員、衆議院議員秘書等を経て独立。
マネジメントコンサルタント・ジャーナリスト。