法華経をインド仏教史から読み解く


藤本坦孝 著



A5並製  322頁
定価:2000円+税

平成29年10月13日発行


ISBN978―4−88656−445−0
CO015

東京大学名誉教授 末木文美士氏 推薦
本書には著者が数学者(1988年度日本数学会幾何学賞受賞)であることもあって、他書では見られない著者のユニークな解釈が施されている。インド思想や仏教史との密接な関連性も丁寧になぞられていて、一読、目から鱗式の感銘をおぼえること必定である。

第一章 多様な教えの統合を説く法華経
第二章 説法に先んじて描出される多様な世界
第三章 唯仏と仏のみよく知る諸法の実相
第四章 仏の教えは唯ひとつ
第五章 舎利弗の領解
第六章 四大声聞の信解
第七章 遠い昔からの仏の縁
第八章 みんな仏に成れる
第九章 仏使のつとめ
第十章 説法の座虚空に移る
第十一章 仏滅後における法華経弘通の誓い
第十二章 久遠実成の釈尊とその直弟子達
第十三章 法華経流布に向けて
第十四章 法華経弘通に参与する菩薩達

《著者略歴》
藤本坦孝(ふじもと ひろたか)
昭和12 年 兵庫県に生まれる
昭和35 年 神戸大学教育学部数学科卒業
昭和37 年 名古屋大学大学院理学研究科数学専攻修士課程修了
昭和37 年 同専攻博士課程中退
昭和41 年 名古屋工業大学講師
昭和42 年 理学博士(名古屋大学)
昭和44 年 名古屋大学教養部助教授
昭和58 年 名古屋大学教養学部教授
昭和59 年 金沢大学理学部教授
昭和63 年 日本数学会幾何学賞受賞
平成15 年 金沢大学裡学部を退官
現在金沢大学名誉教授
著書
『複素関数論』(岸正倫氏と共著、学術出版社)
『Value Distribution Theory of the Gauss Map of minimal Surfaces in Rm』(Aspects of Math.Vol. 21, Vieweg, Wiesbaden)
『複素解析』(岩波書店)
『日蓮思想の論理構造―一神教原理主義との対比―』(山喜房佛書林)