哀愁のニューイングランド
米国陸軍にて祖国日本を想う

安濃豊 著



四六並製  234頁
定価:1600円+税

令和元年6月18日発行


ISBN978―4−88656−483−2
C0093

日本の閉鎖的な学会に失望し、祖国日本を捨て、家族と別れ、一人渡米した元キャリア官僚の研究者・田中俊彦。
アメリカ・ニューイングランドで、大東亜戦争に勝ったのは実は日本だったという日本戦勝論を聞き、彼は捨てたはずの祖国日本に想いを馳せる。

家族喪失
アラスカ上空にて
美幌峠にて
一週間ぶりの帰宅
黒田先生との出会い
寒地研に呼び出されて
ニューイングランドに着いて
米陸軍寒地研究所へ初出勤
研究のスタート
町の日本人達
ニューイングランドの冬
実験設備の完成
ワン博士との出会い
ニューイングランドの春
ニューイングランドに夏が来て
コラール誕生日
ニューイングランド二度目の秋
ニューイングランド二度目の冬
ワン博士との再会
ニューイングランド二年目の夏
戦勝国は日本だった
石狩湾中性子爆弾投下シミュレーション
再び蛍に囲まれて
帰国

《著者略歴》
安濃豊(あんのう ゆたか)
昭和26年12月8日札幌生れ。北海道大学農学部農業工学科卒業。
農学博士(昭和61年、北大農学部より学位授与、博士論文はSNOWDRIFT MODELING AND ITS APPLICATION TO AGRICULTURE「農業施設の防雪風洞模型実験」)。
総理府(現内閣府)技官として北海道開発庁(現国土交通省)に任官。
昭和60年、米国陸軍寒地理工学研究所研究員、ニューハンプシャー州立大学土木工学科研究員。平成元年、アイオワ州立大学(Ames)航空宇宙工学科客員研究員(研究テーマは「火星表面における砂嵐の研究」)、米国土木工学会吹雪研究委員会委員。平成6年、NPO 法人宗谷海峡に橋を架ける会代表。平成12年、ラヂオノスタルジア代表取締役、評論家、雪氷学者、ラジオパーソナリティー。
主な著書に『大東亜戦争の開戦目的は植民地解放だった』『絶滅危惧種だった大韓帝国』『日本人を赤く染めた共産党と日教組の歴史観を糾す』(いずれも展転社)がある。ほかに英文学術論文20 本、和文学術論文5 本、小説単行本2冊、雑誌北方文芸2編。
安濃が世界で初めて発明した吹雪吹溜風洞は国内では東京ドーム、札幌ドームの屋根雪対策、南極昭和基地の防雪設計、道路ダム空港など土木構造物の防雪設計に、米国では空港基地、南極基地の防雪設計、軍用車両・航空機の着雪着氷防止、吹雪地帯での誘導兵器研究に使用されている。