日本近現代史の真実
50の質問に答える

勝岡寛次 監修
土屋たかゆき 著



四六並製  256頁
定価:1500円+税

平成29年8月27日発行


ISBN978−4−88656−444−3
C0021


日本の内外で繰り返される捏造された歴史に基づく、いわれなき日本非難に対する正当な回答・反論を、問答形式でわかりやすく説明。本書は、自虐史観から脱却し、誇りある日本の歴史を取り戻すための「教科書」である。

第一章  日本の神話・歴史と近現代
第二章  愛国心と道徳・宗教
第三章 天皇・靖国神社をめぐる問題
第四章 近現代史の中の沖縄
第五章 近現代史の中の日韓関係
第六章 近現代史の中の日朝関係
第七章 近現代史の中の日台関係
第八章 近現代史の中の日中関係
第九章 近現代史の中の日米関係
第十章 近現代史の中の日露関係
第十一章 日本の領土・領海
第十二章 日本の安全保障と歴史認識問題
補章 政治家に求められる国家への視座─日本国憲法無効論

《著者履歴》
土屋敬之(つちや たかゆき)
国会両院記者会「やまと新聞」論説委員長。本願寺宗門僧侶(眞無量院僧徒)、元東京都議会議員、元拓殖大学日本文化研究所客員教授。
昭和二十七年生まれ。獨協大学法学部卒業、法律専攻科修了、国会議員秘書(小沢鋭仁代議士第一秘書兼地元事務局長)を経て、平成九年民主党公認として東京都議会議員に当選(板橋区)。以後、四期十六年当選。
著作に『ストップ偏向平和祈念館』『こんな偏向教師を許せるか!』『治安回復100の証言検証』『わかる介護マニュアル』『教科書から見た日露戦争』『政策ハンドブック』『大地震マニュアル』『概説 戦後教育』『日本近現代史の真実』他多数。
関連書籍
『土屋たかゆきのわが闘争』