GHQが恐れた崎門学
明治維新を導いた國體思想とは何か

坪内隆彦 著



四六並製  274頁
定価:1800円+税

平成28年9月30日発行


ISBN978−4−88656−430−6
C0021

日本を再び立ち上がらせる最強の國體思想の封印を解く。

かつて志士たちが必読した『靖献遺言』(浅見絅斎)、『柳子新論』(山県大弐)、『保建大記』(栗山潜鋒)、『山陵志』(蒲生君平)、『日本外史』(頼山陽)を手掛かりに、「わが国本来の姿」に迫る。
『明治維新という過ち』(原田伊織)を徹底批判。


第一章  『靖献遺言』(浅見絅斎)
第二章 『柳子新論』(山県大弐)
第三章 『保建大記』(栗山潜鋒)と『山陵志』(蒲生君平)
第四章 『日本外史』(頼山陽)
補論 明治維新後の國體思想

《著者履歴》
坪内隆彦(つぼうち たかひこ)
昭和40年(1965)生まれ。慶応義塾大学法学部卒業後、日本経済新聞社に入社。平成元年退社後、フリーランスで取材・執筆活動に入る。同3年に「国連における大国協調の光と影」で佐藤栄作賞(国際連合大学協賛財団懸賞論文優秀賞)を授賞。主著に『アジア復権の希望マハティール』(亜紀書房、平成6年)、『キリスト教原理主義のアメリカ』(同、同9年)、『岡倉天心の思想探訪』(勁草書房、同10年)、『アジア英雄伝』(展転社、同20年)、『維新と興亜に駆けた日本人』(同、同23年)など。
現在、『月刊日本』編集長、拓殖大学日本文化研究所客員研究員、大夢舘世話人会代表世話人、崎門学研究会顧問。
関連書籍
『維新と興亜に駆けた日本人』
『アジア英雄伝』