やがて哀しき憲法九条
あなたの知らない憲法九条の話

加藤秀治郎 著



四六並製  192頁
定価:1500円+税

平成28年6月20日発行


ISBN978−4−88656−427−6
C0031

さよなら当用憲法。

日本国憲法はどのような過程で制定されたのか、自衛隊は軍隊なのか、集団的自衛権をめぐる政府の憲法解釈など、難しい憲法第9条の話をやさしく道案内します。


1 「無条件降伏」の下での憲法制定だったのか
2 GHQ秘密検閲の下での憲法制定
3 GHQはどう秘密検閲を行ったのか
4 公職追放の憲法制定への影響
5 侵略戦争、防衛戦争とマッカーサー
6 意外な党が「防衛は可」を主張
7 芦田修正と本人の意図
8 「講和」と憲法九条
9 日米安保と憲法九条
10 警察と軍とネガティヴ・リスト
11 真の立憲主義とエセ立憲主義
12 「神学論争」の貧困
13 「共産党日本語」と憲法
14 九条解釈の謎と知的不誠実
15 基地提供と集団的自衛権
16 「なし崩し再軍備」のツケ
17 消された党派――社会主義再軍備論
18 「吉田ドクトリン」と九条
19 憲法九条と国連
20 さよなら「当用憲法」
21 憲法論の前に安全保障論を

《著者履歴》
加藤秀治郎(かとう しゅうじろう)
昭和24年、岩手県生まれ。慶大法卒。同大学院法学研究科を経て、京都産業大学専任講師、助教授、教授。平成12年から同27年の定年退職まで東洋大学法学部教授。
現在 東洋大学名誉教授、法学博士(慶大)(専攻 政治学)
主要著書
『戦後ドイツの政党制――東西ドイツ政党の政治社会学的分析』(学陽書房、1985年)
『「茶の間で聞く」政治の話のウソ。』(学陽書房、1990年)
『政治のしくみ――図説 日本はこうなっている』(PHP研究所、1993年)
『ドイツの政治・日本の政治』(人間の科学社、1996年)
『「憲法改革」の政治学』(一藝社、2002年/増補改訂版、2005年)
『日本の選挙――何を変えれば政治が変わるのか』(中公新書、2003年)
『政治学』(芦書房、2005年)
『日本政治の座標軸――小選挙区導入以後の政治課題』(一藝社、2005年)
『日本の統治システムと選挙制度の改革』(一藝社、2013年)
主要編書
『日本の安全保障と憲法』(南窓社、1998年)
『選挙制度の思想と理論』(芦書房、1998年)
『憲法改革の構想』(一藝社、2003年)
他、共著書、訳書、多数。