自衛隊が国軍になる日
「兵役」を「神聖な任務」とし普通の国に

柿谷勲夫 著



四六並製  256頁
定価:1800円+税

平成27年1月25日発行


ISBN978−4−88656−411−5
C0036
軍事力なかりせば領土領海取られて国滅ぶ。
集団的自衛権の行使容認から自主憲法を制定し、敢然外敵を撃滅せん「日本国防軍」の確立を!
 第一章 都知事選における元空幕長の善戦
 第二章 東日本大震災で自衛隊に助けられ自衛隊を見直した国民
 第三章 「漁船」と「イージス艦」衝突事故で自衛隊を正当に評価した裁判所
 第四章 元大臣を尻目に、元統幕議長を「勲一等」に
 第五章 中国の我が国への復讐心の増大
 第六章 韓国の我が国への「劣等感・逆恨み・怨念」の拡大
 第七章 靖國神社参拝を拒絶する防衛相と防大校長
 第八章 防大建学の精神に著しく反する校長による防大潰し
 第九章 惰眠をむさぼり続ける敗戦意識
 第十章 「防衛省」は目覚めの第一歩
第十一章 集団的自衛権の行使は目覚めの第二歩
第十二章 完全目覚めは自主憲法の制定と国防軍の設置
      ―自主憲法を制定するか、亡国を選ぶか―
第十三章 総選挙で圧勝、自主憲法制定に歩を進める安倍首相

《著者履歴》
柿谷勲夫(かきや いさお)
昭和13年、石川県加賀市生まれ。同37年、防衛大学校(第6期)卒業と同時に陸上自衛隊入隊。同41年、大阪大学大学院修士課程(精密機械学)修了。その後、陸上幕僚監部防衛部、幹部学校戦略教官、陸上幕僚監部教育訓練部教範、教養・班長、西部方面武器隊長、防衛大学校教授などを歴任。平成5年8月、退官(陸将補)。現在、軍事評論家。主な著書に『国を想い、国を憂う』(私家版)、『自衛隊が軍隊になる日』『徴兵制が日本を救う』(いづれも展転社)等。
関連書籍
『徴兵制が日本を救う』