國體の形而上學
國體・主權・國軍・自衞權

田中卓郎 著



四六並製  168頁
定価:1800円+税

平成29年11月3日発行


ISBN978―4−88656−448−1
CO012


現行憲法九條の狙ひは我が國の獨立主權國家としての存立否定であり、第一章の天皇「規定」諸條は日本國體の否定破壞である。このやうな憲法は僞憲法である。

第一章 日本國體とは何か ― 萬世一系の天皇存在 ―
第二章 主權とは何か
第三章 國軍とは何か
第四章 自衞權とは何か
第五章 日本國體たる萬世一系の天皇存在の無制約性 ― 皇男子孫の皇位繼承は萬世一系の唯一の現象形態 ―
第六章 日本國體と「グローバル化」

《著者略歴》
田中 卓郎(たなか たくらう)
昭和卅三年八月千葉縣稻毛に生まれる。以後東京都、青森縣、山形縣、靜岡縣で育つ。本籍地は山梨縣春日居町。高校卒業後、直ちに親の家を離れる。家庭教師、塾、豫備校講師等、樣々な仕事をしながら早稻田大學第一文學部哲學科を卒業。昭和六十年代から平成初年の一時期、仕事を續けながら法政大學大學院哲學專攻に在籍。文學修士(哲學)。大學、大學院在籍時の專攻はギリシア哲學、分析哲學、論理學。BR>