かたくなにみやびたるひと
乃木希典


乃木神社総代会 編著
文責:文榮友隆


四六並製  232頁
定価:1600円+税

平成30年11月3日発行


ISBN978−4−88656−467−2
C0095
今、鮮やかによみがえる「人間」乃木希典の真実――
いわゆる「軍神」として雲の上に祭り上げているのみでは、偉大な先師達の学統を継ぎ、明治の大御代に至誠を貫いた「人間」乃木希典の精神、とりわけその「天皇観」に肉薄することは難しいであろう。生前の面影を偲びつつ、その奥に秘められた苦悩や悲嘆をも間近に感得せんと心を傾ける。そこに活きた学びがあり、神祭りの真髄があるということを、編者は本書を通じて改めて世に問い掛けているのではあるまいか。
石清水八幡宮宮司 田中恆清

序 章 かたくなにみやびたるひと
第一章 乃木希典の人格形成と思想形成
第二章 軍人としてのみちのり
第三章 結婚そして第十一師団長まで
第四章 日露戦争旅順攻囲戦の正しい評価
第五章 皇基護持への道程
第六章 乃木神社創建へ
追 録 論壇の雄の論考を紹介する