東京裁判速記録から読む大東亜戦争
三つの戦争


亀谷正志 著



四六並製  402頁
定価:2800円+税

平成30年2月17日発行


ISBN978−4−88656−454−2
C0021
極東国際軍事裁判(東京裁判)から70年。
日本を裁くことを前提に開廷された極東国際軍事裁判。
その極東国際軍事裁判の速記録を辿り、大東亜戦争の真実を読み解く。
第一部 日本が侵略したと云う国の名を考える
第二部 二度あったアジアへの侵略と日本
第三部 判決のために証拠を捏造した東京裁判
第四部 日本と云うこと、八紘一宇、大東亜共栄圏、相互等量幸福論
《著者履歴》
亀谷正志(かめがい まさし)
昭和23年生まれ。岐阜県可児郡出身。
建設業界で働く傍ら、富士信夫先生の講演、中村粲先生の「昭和史研究会」の活動に蒙を啓かれ、東京裁判と大東亜戦争の意味を探る。