大東亜戦争の開戦目的は植民地解放だった
帝国政府声明の発掘


安濃豊 著



四六並製  160頁
定価:1400円+税

平成28年10月20日発行


ISBN978−4−88656−447−4
C0021
大東亜戦争によるアジアの解放は結果論や後づけではない。 大日本帝国は開戦時に「政府声明」を発表し、開戦目的の一つがアジアの植民地解放であることを明確に謳っていた!
第一章 数理歴史学を創設する
第二章 帝国政府声明に明記されたアジア解放
第三章 帝国政府声明
第四章 侵略意図は存在したのか
第五章 日本軍アジア独立支援行動経過
第六章 帝国政府声明と終戦の詔書が一線に繋がった
第七章 東京裁判史観の破綻どころか勝敗が逆転する
《著者履歴》
安濃豊(あんの ゆたか)
昭和26年12月8日札幌生れ。北海道大学農学部農業工学科卒業。
農学博士(昭和61年、北大農学部より学位授与、博士論文はSNOWDRIFT MODELING AND ITS APPLICATION TO AGRICULTURE「農業施設の防雪風洞模型実験」)。
総理府(現内閣府)技官として北海道開発庁(現国土交通省)に任官。
昭和60年、米国陸軍寒地理工学研究所研究員、ニューハンプシャー州立大学土木工学科研究員。平成元年、アイオワ州立大学(Ames)航空宇宙工学科客員研究員(研究テーマは「火星表面における砂嵐の研究」)、米国土木工学会吹雪研究委員会委員。平成6年、NPO 法人宗谷海峡に橋を架ける会代表。平成12年、ラヂオノスタルジア代表取締役、評論家、雪氷学者、ラジオパーソナリティー。
著作英文学術論文20 本、和文学術論文5 本、小説単行本2冊、雑誌北方文芸2編。