絶滅危惧種だった大韓帝国

朝鮮半島を国連信託統治とせよ

安濃豊 著


四六並製  224頁

定価:1600円+税

平成30年7月20日発行

ISBN978-4-88656-463-4
C0036

日本人が持つ性善説がまったく通用せず、日本を逆恨みして恩を仇で返してくる韓国。
自己統治能力の欠如した朝鮮半島は一括して国連による信託統治とすべきである!

【目次】

【目次】
第一章 日韓併合は韓国側からの懇願
第二章 朝鮮民族は絶滅危惧種だった
第三章 ロシアの南下と日露戦争
第四章 韓国は「売春―慰安婦」道の国
第五章 慰安婦国家韓国
第六章 男の顔が見えない雄アンコウの国
第七章 歴史を捏造する韓国
第八章 日本を逆恨みする韓国
第九章 米国で慰安婦像を建てる韓国人
第十章 贈収賄が国技の国
第十一章 帝国政府声明と韓国問題
第十二章 朝鮮半島を国連信託統治とせよ
第十三章 日本人を敗戦白丁∴オいする韓国人

【著者略歴】

安濃豊(あんの ゆたか)
昭和26 年12 月8 日札幌生れ。北海道大学農学部農業工学科卒業。
農学博士( 昭和61 年、北大農学部より学位授与、博士論文はSNOWDRIFT MODELING AND ITS APPLICATION TO AGRICULTURE「農業施設の防雪風洞模型実験」)。
総理府(現内閣府)技官として北海道開発庁(現国土交通省)に任官。
昭和60 年、米国陸軍寒地理工学研究所研究員、ニューハンプシャー州立大学土木工学科研究員。平成元年、アイオワ州立大学(Ames)航空宇宙工学科客員研究員(研究テーマは「火星表面における砂嵐の研究」)、米国土木工学会吹雪研究委員会委員。平成6 年、NPO 法人宗谷海峡に橋を架ける会代表。平成12 年、ラヂオノスタルジア代表取締役、評論家、雪氷学者、ラジオパーソナリティー。
主な著書に『大東亜戦争の開戦目的は植民地解放だった』(展転社)がある。ほかに著作英文学術論文20 本、和文学術論文5 本、小説単行本2 冊、雑誌北方文芸2 編。
関連書籍
『大東亜戦争の開戦目的は植民地解放だった』