決定版 台湾の変遷史



楊合義 著


四六並製  224頁

定価:1600円+税

平成30年4月10日発行

ISBN978-4-88656-458-0
C0022

「京都大学出身の台湾人歴史家が記した台湾の真の姿。先史時代から現代まで、中国とは別の台湾人の苦難と栄光の歴史が凝縮されている」謝長廷台北駐日経済文化代表処代表推薦

【目次】

第一章 中国文献上の台湾
第二章 先史時代の台湾
第三章 台湾の原住民
第四章 十七世紀中葉の台湾〜国際競争の時期
第五章 鄭氏王朝、清朝領有と日本統治時代の台湾
第六章 中華民国時代の台湾
第七章 移民社会の台湾と族群問題

【著者略歴】

楊合義(よう ごうぎ)
平成国際大学名誉教授。1934年日本統治下の台湾・台南生まれ。台湾・国立師範大学卒業、京都大学大学院東洋史研究科博士課程修了、台湾・国立政治大学国際関係研究センターに勤務、助理研究員、副研究員を経て研究員。同研究センター駐東京特派員兼日本語版『問題と研究』(月刊誌)編集長。平成国際大学法学部教授。主な著書『日米同盟と台湾』『東アジア新冷戦と台湾』『激変するアジア政治地図と日台の絆』『辛亥革命100年と日本』(いずれも共著、早稲田出版)。TD>