日台関係と日中関係

「日中国交正常化」を見直す!


浅野和生 編著


四六並製  216頁

定価:1600円+税

平成24年12月8日発行


ISBN978-4-88656-381-1
C0031

台湾は中国の一部なのか。台湾と中国は何がどう違うのか。台湾、中華民国、中華人民共和国、簡単なようで実は難しい台湾と中国。
「日中国交正常化」40年、日台断交40年を迎えた今、日台関係、日中関係を考える。

【目次】

第一章 日台関係と日中関係―「日中国交正常化」を見直す―
第二章 尾崎行雄のシナ征伐論
第三章 日台関係における相互認識の変化―日中関係から日台関係へ―
第四章 中華民国の戦後史と台中、日台関係
第五章 中華民国における五権憲法の実態―中国から台湾へ・監察院の制度と組織―
【著者略歴】

浅野和生(あさの かずお)
昭和34年、東京生まれ。昭和57年慶應義塾大学経済学部卒業、同63年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了、法学博士。昭和61年中部女子短期大学専任講師、平成2年関東学園法学部専任講師、後、助教授、同8年平成国際大学法学部助教授を経て、同15年より教授。日本選挙学会理事、日本法政学会理事。
【著書】
『大正デモクラシーと陸軍』(慶應義塾大学出版会)『君は台湾のたくましさを知っているか』(廣済堂出版)『台湾の歴史と日台関係』(早稲田出版)
【共著書】
『運命共同体としての日本と台湾』(展転社)『日米同盟と台湾』『アジア太平洋における台湾の位置』『続・運命共同体としての日本と台湾』『東アジア新冷戦と台湾』『激変するアジア政治地図と日台の絆』『馬英九政権の台湾と東アジア』(以上、早稲田出版)。
関連書籍
『民進党三十年と蔡英文政権』
『一八九五―一九四五 日本統治下の台湾』
『中華民国の台湾化と中国』
『台湾民主化のかたち』
『運命共同体としての日米そして台湾』