運命共同体としての日米そして台湾
―21世紀の国家戦略―
中村 勝範 編著(平成国際大学学長)



四六並製  296頁
定価:1800円+税

平成10年8月3日発行


ISBN4−88656−156−X
C0031


中国の脅威を封じ込めろ!

親日国家・台湾の存在こそ増大する中華帝国の脅威を封じ込めるカギ。
21世紀の国家戦略を提示する。

第1章 運命共同体としての日・米・台(中村勝範)
第2章 日本国憲法第九条と日本の安全(浅野一郎)
第3章 台湾の「実務外交」と両岸関係(楊合義)
第4章 李登輝政権下の憲法修正の経過と今後の課題(浅野和生)
第5章 ユーラシア大陸をめぐる新情勢(鐸木昌之、鈴木肇、五嶋清)
第6章 日本と台湾(澤田次郎、易錦銓、小栗勝也ほか)
《著者略歴》
 中村 勝範(なかむら かつのり)
昭和4年、長野県生まれ。同28年、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。同30年、同大大学院修士課程修了。同35年、同大法学部助教授、同42年同教授。平成7年、定年により退職、名誉教授。同8年より平成国際大学学長。昭和41年、法学博士。
関連書籍
『民進党三十年と蔡英文政権』
『一八九五―一九四五 日本統治下の台湾』
『中華民国の台湾化と中国』
『台湾民主化のかたち』
『日台関係と日中関係』